機内持ち込み品とお預かり品について

スターフライヤーで機内に持ち込める身の回り品の大きさは、縦横高さの3辺の合計が115センチメートル以内です。

高さは55センチメートル位以内で、横は40センチメートル以内、縦は25センチメートル以内と制限されています。

おひとり様1個までで重さは10キログラム以内です。

保安検査場で手荷物品の検査が行われます。

預かり品については、3辺の和の合計が203センチメートル以内 で、制限範囲以内では個数に制限はありません。

お一人様20キログラムまで無料です。

20キログラムを超える手荷物には、重量超過手荷物料金がかかります。

また、1個あたりの重量32キログラムで総重量100キログラムを超える場合は預けることはできません。

重量超過手荷物料金については、全国一律で、1キログラムから10キログラムが2500円で、10キログラム増えるごとに1000円追加されます。

注意事項機内持ち込み品と取り扱い注意の持ち込み品

機内に持ち込む品物としては、高価品、貴重品、壊れやすい品物です。

高価品とは現金、宝石、有価証券などです。

貴重品は、金券や書類、小切手などです。

壊れやすい品物としては、陶器やガラス製品、ビン1本にはいった飲料水などです。

持ち込みサイズを超える絵画や楽器で、2席以上の座席が必要な場合は特別旅客料金がかかり、全国一律 11,300円です。

ペットの機内持ち込みはできず、ペット料金がかかり、受託荷物として預けます。

ペットの種類としては、飼いならされた小犬、猫、小鳥等に制限されます。

特に空港内で注意がひつような品物としては、ライター類、ガスコンロや花火など火気に関するもの、ペンキや塗料、ドライアイス、ヘアーカラーアイロンなどは種類によって、手荷物と預かり品にするもの、または持ち込み不可のものがありますので注意が必要です。